https://awesomejourney-labo.com

お役立ち情報 ハワイ 持ち物 旅行

ハワイの電圧事情を解説!コンセント・変換プラグ・変圧器はいらない!?

ハワイ旅行を準備していると、「そういえばハワイのコンセントって日本の電化製品をそのまま使えるのかな?」と思いますよね。

海外旅行に行った経験がある方なら「変圧器」「プラグ」はどうだったかな?と気になりますよね。

「ハワイのプラグ(コンセント)の形状はどんなタイプだろう?」

電圧は日本と同じなの?」

スマホはいつも使っている充電器を持っていけば大丈夫?」

など、気になる事は多そうです。

今回はそんなハワイの電圧事情、とりわけコンセントやプラグ、変圧器など電化製品に関する疑問にお答えします!

ハワイでは変換プラグや変圧器はほぼ必要ない!

ハワイでは普段から使っている日本の電化製品は使えるのか、旅行準備の段階で気になりますよね。

旅行なので綺麗な風景やハワイの食事を写真に収めるために、毎日スマホやデジカメの充電はマックスにしておきたいです!

ハワイでより快適な時間を過ごせるように普段から使ってる日本の電化製品について、注意点や電圧に関することをご紹介致します。

ハワイの変換プラグとコンセントの形状について

変換プラグとは、コンセント差込口の形状を変えてくれるもので変換プラグの形状は国によってそれぞれ異なります。当然、差込口が違うと使用はできません。

しかし、変換プラグを使用する事によって差込口の形状を変えることができ、電圧さえ対応していれば日本から持って行った電化製品をそのまま使うことができるのです。

ハワイのコンセントの形状はAタイプと呼ばれ、日本と同じタイプです。変換プラグは必要ありません!!

ハワイのコンセント

ハワイのコンセント

日本のコンセント

日本のコンセント

ハワイの場合は日本のように縦長の穴が2つに加えて丸い穴が1つある2穴タイプで、3つ目の穴はアースプラグです。日本の電気製品にはありませんが、コンセントの形状自体は同じなので、変換プラグを使わなくてもハワイのコンセントには、日本の家電製品のプラグをそのまま挿すことができるのです。

ただし、ごくまれに一部のコンセントは微妙に差込口の大きさが異なっていてしっかり固定できず、安定した給電や充電ができない時もありますが、他のコンセントを使ってみましょう。(本当にごくまれにです!笑)

「ハワイでは日本から持って行った電化製品がそのまま使えるのか!」

と思いますが、注意したい点が1点あります。

それは「電圧」です。

残念な事に、電圧の関係で全ての電化製品が日本で使用しているようにハワイでも使えるという訳ではありません。

変換プラグと変圧器は違う!?

頻繁に海外に行っている方ならともかく変換プラグと変圧器の違いに困惑する方も少なくないのではないでしょうか。

変換プラグ 変圧器
目的 電源プラグやコンセントの形状を変換 電圧を変換
特徴 価格が安く、軽い 価格が高く、重い
解説 日本とアメリカは同じAタイプ 海外対応の製品なら不要
スマホなどのデジカル機器のほとんどが海外対応

変圧器は電圧を調整してくれる

変圧器とは、日本国内仕様である100V(ボルト)の電化製品を、海外でそのまま使えるようにする為に電圧を変えてくれる機器の事です。

日本の電圧は100V(ボルト)で、他の国と比較すると低めの電圧です。この100V(ボルト)にしか対応していない電化製品を、他の国の高い電圧が流れているコンセントに直接差し込んでしまうと、ショートしてしまったり故障の原因となってしまったりします。

そこで変圧器が100V(ボルト)より高い電圧を調整し、日本から持って行った電化製品を壊すことなく使用できるようにしてくれます。

ハワイの電圧は110〜120V(ボルト)なので、日本の電圧と比べると少し強めの電圧です。

なので、持っていこうとしている家電製品が100V(ボルト)の電圧しか対応していない場合は、変圧器を使う必要があります。

では、ハワイでは必ず変圧器が必要なのかというとそうでもないです。

電圧によっては使えない!?ハワイの電圧について

日本で使っている電化製品は、大きく2つに分けることが出来ます。

  • 「100V(ボルト)」だけ対応しているもの
  • 「100V(ボルト)~」一定の電圧まで対応しているもの(ユニバーサル対応

つまり、ハワイの電圧である110〜120V(ボルト)に対応している日本の電化製品はいつも通り、コンセントにただ差し込むだけで使用が可能です!

電化製品の電圧をチェックする簡単な方法

電化製品の電圧を簡単にチェックする方法があります。

電化製品の裏側やコンセントの近くに対応している電圧が記載されている場合が多いので、確認してみましょう!!

ハワイで変圧器が必要な電化製品の例

ハワイではそのまま使えない電化製品があります。

聞いたことがあるかと思いますが、代表的なのはドライヤーです。

細かい文字ですが「AC100V」と書かれていますよね。この場合は100V(ボルト)しか対応していない日本国内で使う仕様となっているので、ハワイで使う為には変圧器が必要になります。

そのままハワイで使ってしまうと故障する恐れがあります。

ドライヤーやヘアアイロン(コテ)などのような熱を発生させる電化製品は100V(ボルト)しか対応していないことが多いです。

ハワイで変圧器が不要な(そのまま使用できる)電化製品の例

一方でハワイでそのまま使える電化製品の代表例はヘアアイロン(コテ)です。

「AC100~240V」と書いてあり、240Vの電圧まで対応している製品なので変圧器を使わずにそのままハワイでも使用する事が出来ます。

他にはデジカメのバッテリーチャージャーとモバイルバッテリーの充電器もそのまま使用る事ができる場合が多いです。充電器は幅広い電圧に対応しているものが多いようです。

最近はノートパソコンの充電器のほとんどは100V〜240V対応のものだそうです。

また、最近の電化製品は海外でも使えるユニバーサル対応となっている商品も多く、買い替えの際はあえてユニバーサル対応の家電製品を買う事をおすすめ致します。

Apple製品は変圧器なしで普段通り使うことが可能!

Apple製品は全て「100V〜240V」と幅広い電圧に対応しています。(2018年7月時点)

変圧器はいりませんよ~!!

iPhoneの充電器を確認してみると「100V〜240V」と書かれていました。

iphoneやiPadを使っている方は安心してハワイでも使えますね!!

まとめ

普段から使用している電化製品は両行でも欠かせない存在です。

ここまでの内容をまとめると

  • 日本とハワイはコンセント(プラグ)の形状は同じタイプだが、電圧が少し異なる。
    ⇒日本仕様である100V(ボルト)の製品を使う場合、変圧器が必要となる。
  • 普段使っている電化製品が、海外でも使えるユニバーサル対応(電圧が100V~240Vなど)かどうか、電圧を確認する。
    もしユニバーサル対応の電化製品であれば、そのままハワイでも使用可能。

となります。

しっかり事前にハワイに持っていく家電製品の対応している電圧を確認し、ハワイ旅行中も快適で楽しい毎日を過ごしてくださいね!

-お役立ち情報, ハワイ, 持ち物, 旅行

Copyright© Life Is Awesome Journey , 2019 All Rights Reserved.