SFC修行完全ガイド!ANA上級会員を目指そう!徹底解説【2019年最新版】

https://awesomejourney-labo.com

ANAカード お役立ち情報 クレジットカード マイル・マイレージ 旅行

SFC修行完全ガイド!ANA上級会員を目指そう!徹底解説【2019年最新版】

SFC修行ってなに?
SFC修行のやり方や費用、ルート、お得な方法を知りたい
という思っている方はきっと多いのではないでしょうか。

まず、SFC修行について説明するためには、「SFC(エスエフシー)」について何なのかを知る必要があります。

SFCの正式名称は「SUPER FLYERS ANA CARD(ANAスーパーフライヤーズカード)」と言い、その略称が「SFC」です。
SUPER FLYERS ANA CARD(ANAスーパーフライヤーズカード)
SFCは、ANA(全日本空輸)が発行しているクレジットカードの1つで、持っているだけでANAの上級会員(ANAプレミアムメンバー)と同じようなサービスや特典を受けることができる特別なクレジットカードです。

飛行機をよく利用する方なら一度は聞いたことがあるSFCだと思いますが、SFCは特別なクレジットカードなので誰もが簡単に手にすることができる訳ではありません。SFCの発行にはいくつものとても厳しい条件が設定されています。通常のクレジットカードを発行する際の審査(年収や勤続年数など)はもちろんですが、SFCは更にある条件を満たさなければカード発行の申込みすら行えないのです。

例えば、クレジットカードでブラックカードと言われる限度額がないようなカードを持っている方であっても、SFCを簡単に発行することはできません。

このSFCを手に入れるために、特定の条件をクリアするべく無理をしてでも飛行機に乗ることを「SFC修行(「ANA修行」や「マイル修行」、「マイレージ修行」、「プラチナ修行」と呼ばれることもあります)」と呼びます。

そして、ANAの飛行機に一定回数以上搭乗することによってANAマイレージクラブ会員のステータスが上がり、そのステータスのランクがプラチナ会員(ステージ)以上になると発行の申込みが出来るクレジットカードがSFCなのです。

ANAをはじめとした航空会社各社は上級会員制度(エリート会員制度)というこのようなステータスを設けており、自社をよく利用する顧客に対して特別なサービス(保安検査場の優先レーンが利用できたり、専用ラウンジが利用できたりなど)を提供しております。

本記事ではSFCの基本をはじめ、SFC修行の仕方や費用などのSFC取得について詳細に解説していきたいと思います!

ANAプレミアムメンバーとは

SFC修行とは、「ANAスーパーフライヤーズカード」を取得するための修行のことを言いますが、言い換えるとANAの上級会員「ANAプレミアムメンバー」を目指すことです。

ANAプレミアムメンバーとは、ANAをたくさん利用しているお客様(上得意様)に与えられる特別なステータスで、「ANA上級会員」や「ANAエリート会員」と呼ばれるANA独自の上級会員のことを言います。

そして、このANA上級会員には豪華特典やサービスが与えられます。

後ほど豪華特典やサービスについて詳しくご紹介しますが、ANAの飛行機を利用する際に空港や機内において通常の利用客では受けることのできない特別なサービスをANAプレミアムメンバー(ANA上級会員)は受けることができます。

このANAプレミアムメンバーでは、会員にランク設定がされており「ブロンズ会員」、「プラチナ会員」、「ダイヤモンド会員」と別れ、会員ランクによって受けることが出来るサービスや特典に違いがあります
*SFC会員は「ブロンズ会員」や「プラチナ会員」、「ダイヤモンド会員」のいずれとも異なる特別枠の会員です。

ANAプレミアムメンバーになるための方法やランク設定について

ANAプレミアムメンバーになるため方法は、ANAグループの運航便やANAが加盟しているスターアライアンスの加盟航空会社の飛行機に搭乗することで獲得できる「プレミアムポイント(PP)」を一定基準以上貯めることです。

ANAマイレージクラブ会員のランクは獲得したプレミアムポイント(PP)に応じて決まります

獲得プレミアムポイント ステータス
~29,999PP 一般会員
30,000~49,999PP ブロンズ会員(BRZ)
50,000~99,999PP プラチナ会員(PLT)
100,000PP~ ダイヤモンド会員(DIA)

ANAプレミアムメンバーの会員ランク

ステータスがブロンズ会員以上になると「ANAプレミアムメンバー」と呼ばれます。

つまり、ANAプレミアムメンバーになるためにはプレミアムポイントを30,000プレミアムポイント(PP)以上貯めなければいけません。

当然ながら会員ランクによってサービスや特典が異なり、「ブロンズ会員」よりも「プラチナ会員」の方がサービスや特典が多く、その「プラチナ会員」よりもさらに「ダイヤモンド会員」の方がサービスや特典が多くなります。

ANAプレミアムメンバーでは「ダイヤモンド会員」が最上級の会員となるので、「ダイヤモンド会員」はANAから最大級のおもてなしを受けることができるのです!

プレミアムポイント(PP)についてとプレミアムポイントの貯め方

「プレミアムポイント(PP)」とは、ANAプレミアムメンバーのステータス判断基準となるポイントのことで、「ANAマイル」とは全くの別物です。これは主に、ANAの飛行機に乗ると貯まるポイントです。

しかし、ただ単純にANAの飛行機に乗ればいいというわけではありません。特典航空券という「ANAマイル」と交換し取得することができる航空券ではANAマイルを利用して取得しているため無料の航空券なのでプレミアムポイントは溜まりません。基本的に「お金を払ってANAの飛行機に乗る」ことをしなければプレミアムポイントは貯まらないのです。

ANAプレミアムメンバーのステータス(会員ランク)は、毎年1月〜12月までの一年間に溜まったプレミアムポイントの合計で、翌年のANAプレミアムメンバーのステータスを決めています。
例えば、2019年1月から2019年12月の間に合計50,000プレミアムポイント(PP)を溜めたとすると、翌年のANAプレミアムメンバーのステータスはANAプラチナ会員(メンバー)となります。

なお、プレミアムポイントの計算方法は下記の様になっています。

プレミアムポイントの計算方法

ANA公式HPの会員専用ページでは、ANAグループ運航便で貯まるマイル数やプレミアムポイントを計算することができる、ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションのページあります。
SFC修行をする方は、計画を立てる際にプレミアムポイントの計算を何度もすると思うのでぜひ活用してみてください。

プレミアムポイントやANAプレミアムメンバー(ANA上級会員)の期間は1年間

プレミアムポイントを貯める時に最も注意したいことは、「1年間限りのポイント」ということです。

ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーサービスは、毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイントに応じて翌年度の会員ステータスが決まります。つまり、いくら頑張ってプレミアムポイントを貯めたとしても、そのプレミアムポイントは次の年には「0」になってしまうということです。

毎年少しずつプレミアムポイントを貯めて数年計画でANAプレミアムメンバー(ANA上級会員)を目指すことは出来ないので、もしANAプレミアムメンバーを目指すのであれば、一年間で集中し計画を立ててみてください

また、プレミアムポイントと同じくANAプレミアムメンバーのステータスも原則「1年間限り」です。これについては先ほども説明しましたが、毎年1月から12月までに獲得したプレミアムポイントに応じて翌年4月から1年間にわたってのステータスが決定するためです。

毎年プレミアムポイントは「0」ポイントからスタートするので、たとえプラチナやダイヤモンドといったステータスを取得したとしても、次の年にプレミアムポイントを貯めることが出来なければ翌年度は一般会員に戻ってしまいます。

なので、ANAプレミアムメンバーとしてのステータスを維持し続けるのはとても大変です。かなりの頻度で飛行機に乗り続けられるような出張族かお金持ちでなければ難しいと思います。。。

しかし、ANAプレミアムメンバーのステータスであるプラチナス会員(テータス)とほぼ同じサービスや特典を受け続けることが出来る方法が実はあります

それは「SUPER FLYERS ANA CARD(ANAスーパーフライヤーズカード)」を取得することです。後ほど取得方法についてご紹介いたします。

 

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の所有とANAプレミアムメンバー(上級会員)のメリットとは?

ANAプレミアムメンバー(上級会員)になると会員ステージに応じて様々なサービスや特典を受けることができます。

ブロンズ プラチナ SFC ダイヤモンド
専用サービスデスク
ラウンジの利用 ANA SUITE LOUNGE × × ×
ANA LOUNGE 有償
コンシェルジュサービス × × ×
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更 ×
国内線予約の先行受付 ×
国際線座席指定の優先
予約時の空席待ち優先
特典航空券優先 × 国際線のみ 国際線のみ 国内線・国際線
国際線手数料の免除 × × ×
優先チェックインカウンター
手荷物受取の優先 ×
手荷物許容量優遇 国際線のみ
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗の案内 ×
空港での空席待ちの優先
アップグレードポイント
フライトボーナス 40~55% 90~105% 35~50% 115~130%
マイル有効期限の延長 × × ×
マイルからANA SKYコインへ
特別倍率で交換
1~1.7倍 1~1.7倍 1~1.6倍 1~1.7倍
アップグレードポイントから
ANA SKYコインへの交換
IHG・ANAホテルズの優遇 ×
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa
デビットカード ATMの出金手数料無料
×
オリジナルネームタグの進呈 × ×
プレミアムメンバー限定 ANAセレクション
ライフスタイルマガジン
ana-logue(エーエヌエー・ローグ)
×
ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント ×
スターアライアンス シルバー ゴールド ゴールド ゴールド

表を見てもらえると分かりますが、ステータスとしてはブロンズ会員からが上級会員となっていますが、実際のサービスや特典において私たちに恩恵があるといえるのはプラチナ会員(ステータス)からではないでしょうか。

しかし、ANAプレミアムメンバーとしてのステータスを維持するのは、飛行機に乗ることが少ない人は非常に難しいです。

たまに乗る飛行機だからこそ上級会員としてのサービスや特典を受けたいですよね。たまにしか飛行機に乗ることはないけど、ANAプレミアムメンバーとしてのステータスを維持したい方におすすめの方法が1つあります

それは「SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)」を所有することです。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)は「プラチナ会員」以上の上級会員が発行することのできるクレジットカードで、ANAプレミアムメンバーの一つである「SFC会員」としてのステータスが自動的に与えられます。つまり、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)は、所有しているだけでANAプレミアムメンバーとしてのステータスを得ることができる特別なクレジットカードです。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)では、一度取得した後に年会費を払い続けることによってカード会員を退会しない限りプレミアムメンバーで居続けることができます。表をみて分かるように、ほぼプラチナ会員と同様のサービスや特典を受けることが出来るのです!

言い換えると、半永久的にANAプレミアムメンバーとしての資格が維持されるということです。

これこそがSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の最大のメリットです!!

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)には年会費がかかる【注意】

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)は年会費がかかるクレジットカードです。

そのため、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を所有し続けるためには年会費として1万円程度を払い、カードを更新していく必要があります。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の様々なサービスや特典を考慮すると、この年会費は払ってでも所有するべきクレジットカードと言えるかもしれません。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)のサービスや特典を一挙ご紹介!

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を所有してSFC会員になると、プラチナ会員とほぼ同等のサービスや特典を受けることが出来ます。

ブロンズ会員 > >プラチナ会員(≒SFC会員)> > ダイヤモンド会員

ブロンズ会員はプレミアムメンバーという上級会員の枠組みには入っているものの、サービスや特典はかなり限定的となっております。

そんなブロンズ会員のサービスや特典は、一般会員の時と比べ「空席待ちが多少優遇さる」、「事前座席指定できる範囲が一般会員より若干広くなる」程度のものです。

一方でプラチナ会員やSFC会員、それ以上のダイヤモンド会員になると受けられるサービスや特典が一気に増えます!!

ブロンズ プラチナ SFC ダイヤモンド
専用サービスデスク
ラウンジの利用 ANA SUITE LOUNGE × × ×
ANA LOUNGE 有償
コンシェルジュサービス × × ×
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更 ×
国内線予約の先行受付 ×
国際線座席指定の優先
予約時の空席待ち優先
特典航空券優先 × 国際線のみ 国際線のみ 国内線・国際線
国際線手数料の免除 × × ×
優先チェックインカウンター
手荷物受取の優先 ×
手荷物許容量優遇 国際線のみ
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗の案内 ×
空港での空席待ちの優先
アップグレードポイント
フライトボーナス 40~55% 90~105% 35~50% 115~130%
マイル有効期限の延長 × × ×
マイルからANA SKYコインへ
特別倍率で交換
1~1.7倍 1~1.7倍 1~1.6倍 1~1.7倍
アップグレードポイントから
ANA SKYコインへの交換
IHG・ANAホテルズの優遇 ×
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa
デビットカード ATMの出金手数料無料
×
オリジナルネームタグの進呈 × ×
プレミアムメンバー限定 ANAセレクション
ライフスタイルマガジン
ana-logue(エーエヌエー・ローグ)
×
ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント ×
スターアライアンス シルバー ゴールド ゴールド ゴールド

中でも個人的に魅力的に思う特典やサービスは、プラチナ会員やSFC会員以上だと「ANAラウンジ」が使えるということです。

まず、航空会社が運営しているラウンジは通常の空港ラウンジ(クレジットカード会社が運営しているようなゴールドカードを提示して入場できるラウンジ)などと比べると比較にならないくらい豪華でゆくりと過ごすことができます。

例えば、国際線のANAラウンジでは、アルコール類が飲み放題なだけではなく、ラーメンやカレーといったフードメニューも無料で充実しており、さらにはシャワーや仮眠室なども無料で使うことが出来ます。個人的には飛行機に乗る直前にシャワーが浴びれることや、好きなだけアルコールを飲むことができ、「あとは機内で爆睡するだけ」という最高の状態で飛行機に搭乗することが出来るのでとても重宝しています!

そんなANAラウンジですが国際線・国内線どちらも同じサービスが受けられるのかというとそういう訳ではありません。国際線のANAラウンジは、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗者が利用するラウンジとしてもともとは作られているのでサービスがかなり充実していますが、国内線のANAラウンジではおつまみ程度しかありません。。。

SFC会員で受けられる他の嬉しい特典としては、優先チェックインカウンターを使うことができるので一般会員がチェックインカウンターで混雑している繁忙期などでも長蛇の列に並ぶことなく搭乗手続きができたり、手荷物がプライオリティ扱い(受け取り時にすぐに出てくる)で預けれたりすることではないでしょうか。

ちなみに、プラチナ会員以上ではスターアライアンスゴールドメンバーとして同等の特典をスターアライアンスの提携航空会社(ユナイテッド航空やシンガポール航空など)でも受けることが可能です。

このようにANAプレミアムメンバーの特典ほぼ全てがSFCの年会費を払い続けるだけで利用可能になります。

たとえ、座先がエコノミー席であってもSFCを持っているだけで、ワンランク上の旅行になることは間違いないでしょう。

そして、飛行機に乗ることが多い方にとってもかなり魅力的で満足のできるサービスや特典となっているはずです!

以下に個人的に魅力的だと思うサービスや特典をまとめてみました!

個人的に魅力的だと思うサービスや特典

  • ANAラウンジの利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへのご変更
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量のご優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗

SFC会員はスターアライアンスのゴールドメンバーになれる!

  • ANAブロンズ会員
  • ANAプラチナ会員
  • ANAダイヤモンド会員

SFC会員はANAプレミアムメンバーであるだけではく同時にスターアライアンスの「ゴールドメンバー」でもあります。

スターアライアンスとは1997年に設立された、世界初で最大のグローバルな航空アライアンスで、現在ANAを含めて26社加盟しております。

そして、ANA以外のスターアライアンスに加盟している他の航空会社を利用する場合もスターアライアンスゴールドメンバーのサービスを受けることが可能です。

スターアライアンスのステータス

SILVER GOLD
空港での優先チェックイン ×
手荷物取り扱いの優先 ×
空港ラウンジのアクセス ×
優先搭乗 ×
手荷物許容量の追加 ×
ゴールドトラック ×
優先空席待ち予約
空港での空席待ちの優先

つまり、SFC会員であれば上記のサービスや特典をスターアライアンスに加盟している航空会社27社で受けることができるのです。

国内線やANAが運行している海外路線であれば当然ANAを使うとは思いますが、それ以外の海外路線ではANAが運行していない便が当然多くあります。

しかし、スターアライアンスのゴールドメンバーであれば海外の空港を利用する時でもスターアライアンスに加盟している航空会社であればサービスを受けることが出来るので、旅行の選択肢がぐっと広がるのではないでしょうか。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の取得方法とは?

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を取得するためには、「プラチナ会員」または「ダイヤモンド会員」になるとという条件を満たす必要があります。

プラチナ会員の資格を得るためには、年間50,000プレミアムポイント(PP)が必要です。つまり、1月から12月の1年間で飛行機にたくさんのり、50,000プレミアムポイント(PP)を貯る必要があります。

ANAプラチナ会員

50,000プレミアムポイント(PP)のうち、ANAグループ運航便で25,000プレミアムポイント(PP)を貯めても大丈夫です。

因みに50,000プレミアムポイント(PP)を貯めてプラチナステータスになることを「解脱(げだつ)」とSFC修行の界隈では呼んでいます。

その50,000プレミアムポイント(PP)貯めるための方法はただ1つで、飛行機に乗り続けることです!!

シンプルですよね。難しいことはありません。飛行機に乗りまくることが修行なのです!

プレミアムポイントを飛行機に乗らないで貯める方法はありませんが、ANAマイルは飛行機に乗らなくても貯めることが出来ます。なぜANAマイルを貯めることが重要かもの後ほどご説明しますね!

ANAマイルを貯めることはSFC修行においてとても重要なことなのです!

ANAマイルについては、ANAマイルの貯め方【ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説】で説明しておりますので、合わせてチェックしてみてくださいね!

ANA以外の航空会社もSFC修行に利用することが可能!

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)はANAの特典なので、基本的にはANAグループが運航している便を利用しますが、ANAが加盟しているスターアライアンスに加盟している航空会社の運航便に乗った場合でもプレミアムポイントを貯めることができます

ただし、プレミアムポイントは、「ANAグループで貯めたもの」と「スターアライアンス加盟の航空会社で貯めたもの」で区別し計算されます。

具体的には、目標プレミアムメンバーの半分にあたるプレミアムポイントが有効とされています。例えば、50,000プレミアムポイント(PP)のうち半分に当たる25,000プレミアムポイント(PP)はANAグループ運航便で、残りの25,000プレミアムポイント(PP)を「スターアライアンス加盟の航空会社で貯めたもの」を有効としています。

スターアライアンス加盟航空会社運航便とスターアライアンス コネクティングパートナー運航便

スターアライアンス加盟航空会社運航便とスターアライアンス コネクティングパートナー運航便

ANA公式サイト-スターアライアンスのご案内

プラチナ会員になれば基本的にSFC会員になれる

SFC会員は一度、プラチナ会員になれば取得することができます。

つまり、毎年のようにプレミアムポイントを貯める「修行」をする必要はありません。極端な例えですが、SFC会員になった後は一年に一度も飛行機に搭乗しなくても、SFC会員として扱われ続けられます。

プラチナ会員になる→SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)取得→半永久的にANAプレミアムメンバー

ANAプレミアムメンバーになるためには厳しい条件がありますが、1回の努力で「プレミアムメンバーのステータスを半永久的に維持できる」と考えれば、やる気が起きませんか?

SFC会員になるために入会手続きをしよう!

50,000プレミアムポイント(PP)が貯まると、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)への入会が可能になります。

ただし、プラチナ会員になったからといって自動的にSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)が発行されるわけではないので注意してください。

プラチナ会員になったら必ず、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の入会申込書を必ず取り寄せて、入会手続きをしましょう!!

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の入会申込書は、以下のANA公式サイトから取り寄せます。
ANA公式サイト-スーパーフライヤーズカード入会申込書を請求する

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)への入会申込みができる期間は、プラチナ会員の資格を有している期間のみです!!

もし、このプラチナ会員の期間が終了してしまうと、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の申込み資格を失なってしまいます。つまり、もう一度SFC修行をする必要があります。。。

なお、ここでもう一つ注意しなければいけない点があります。それは、SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)への入会時に通常のクレジットカードと同様にクレジットカード会社による入会審査が行われることです。

クレジットカード会社による入会審査を通過できなければ、たとえプラチナ会員以上だとしても、SFC会員にはなれません。

時間とお金をかけてSFC修行はしたけれども入会審査が通らずSFC会員にはなれなかったという最悪の結末も聞いたことがあり得ます。。。

この最悪の結末を回避するための方法ですが、SFC修行開始前にSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)に切り替えが可能な「ANAカード」を先に発行しておきましょう

なぜなら、カードの切り替えによってSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を取得すれば、カード会社の審査を実質的に受けなくてもよくなるからです。

SFCへの切り替えできるANAカードは以下の通りです。

カード一覧

  • ANAワイドカード(VISA/Master/JCB)
  • ANAワイドゴールドカード(VISA/Master/JCB)
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

そして、注意してほしいののは学生の方です。ANA公式の立場としては「原則として学生不可」としているのでご注意ください。

SFC修行では一般的に何回飛行機にのればいいのか?

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を取得するためにはどのくらいの回数を飛行機に乗れば50,000プレミアムポイント(PP)が溜まるのでしょうか。

ANAでは飛行距離が長い路線であれば多くのプレミアムポイントを貰うことができます

飛行距離的には国内線よりも国際線の方がプレミアムポイントを稼げますが、海外にSFC修行のために行くとなると準備も大変ですよね。

なので、国内線で飛行距離が長い路線で人気があるのはどの空港から出発するのかにもよりますが、一般的には沖縄発着が人気の路線です。

例えば、SFC修行をしている方に人気がある路線は「東京-沖縄」のプレミアムクラスですが、片道で2,860プレミアムポイント(PP)を獲得することができます。ただし、プレミアムクラスは直接乗ると運賃が高すぎるので、「ANA VALUE PREMIUM 3」や「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」、「プレミアム株主優待割引」などの割引運賃で乗るケースが多いようです。

ANAが運行している国内線のプレミアムクラスは、普通席よりも広くて機内食が出るちょっと贅沢なクラスです。もちろんエコノミー席の普通席でもいいですが、運賃がプレミアムクラスより安いため、獲得できるプレミアムポイントも少なく、修行回数を多くこなさなければいけません。

片道で2,860プレミアムポイント(PP)が貯まるとすると、50,000÷2,860=17.48ですので、50,000プレミアムポイント(PP)を貯めるためには合計で18回搭乗すれば良いことになります。

往復で考えるなら9往復ですね。1年間で計画し、頑張れば達成できそうな数字ではないでしょうか。

SFC修行にかかる費用はいくら?

SFC修行にかかる費用は一体いくら必要でしょうか。

SFC修行では当然ながら飛行機に何回もるため、航空券のチケット代金がかなりかかりそうですよね。

この航空券のチケット代金ですが、ご存知の方が多いかもしれませんが飛行機に乗る時期によって異なります。

飛行機の運賃にはハイシーズン、レギュラーシーズン、ローシーズンありますが、大体安い時期は毎年変わらず、1月から2月、11月あたり安い時期となっております。

SFC修行の費用を抑えたいのであれば、航空券が安くなる時期に計画的にSFC修行を行うのが効率的ですよね!

ただし、費用を抑えることに意識を集中しすぎて、格安チケットを購入するのには注意してください。格安チケットなどの場合はプレミアムポイントの付与率が悪くなるためです。購入する航空券の種類もしっかりと考える必要があります。

参考

ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)販売開始日

  • 夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日搭乗分):1月下旬頃発売予定
  • 冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日ご搭乗分):8月下旬頃発売予定

いろんな方のSFC修行費用を聞いてみたところ、出来るだけ抑えることに成功した方は300,000円台で50,000プレミアムポイント(PP)を獲得していましたが、基本的には500,000円から600,000円前後でSFC修行を解脱している人が多かったです。

SFC修行はPP単価で比較しよう!

SFC修行の話しで必ず耳にする「PP単価」という言葉がありますが、これはSFC修行の効率を数値化した指標で、下記の計算式で算出されています。
PP単価=「運賃」÷「取得プレミアムポイント(PP)」

つまり、PP単価は1プレミアムポイント(PP)を獲得するためにかかった費用を表した数値です。PP単価が低ければ低いほど、お得にプレミアムポイント(PP)を取得しているということです。

一般的には1プレミアムポイント(PP)=10円と言われていますが、東京ー沖縄のプレミアムクラスでは
21,940円 ÷ 2,860PP= 7.67…円
となります。

プラチナ会員になる為には50,000プレミアムポイント(PP)が必要なため、1PP=10円だった場合にSFC修行にかかる費用は約50万円かかるということになります。

仮に、全修行行程をPP単価が9円の場合は総額約45万円に、PP単価が11円の場合は総額55万円でプラチナ会員になることが出来るので、SFC会員になれる条件が揃うことになります。

SFC修行僧の間では、PP単価10円(総額50万円)を基準に、効率の善し悪しを図っています

なので上記の東京ー沖縄のプレミアムクラスでのPP単価7.67円は、国内線にしては相当いい数字ではないでしょうか。

SFC修行は飛行機に乗ることが多い年 or 海外旅行に行く年がチャンス!!

50,000プレミアムポイント(PP)のすべてを修行でカバーするというのはお金も時間も必要になってきます。

多くのSFC修行を始める方は「今年は出張が多そうだ」と思っている方や「海外旅行に行く」ことが決まっている方などで、ある程度のプレミアムポイントが稼げるという前提がある人に多いです。

海外旅行をして20,000プレミアムポイント(PP)ほど貯まるから、残り30,000プレミアムポイント(PP)を修行して貯めよう!といった感じです。

もしくは、逆転の発想でSFC修行すると決めてから、家族旅行として海外旅行を企画するとか、友達と海外に遊びに行くといった旅行を計画をするのも一つかもしれませんね。

ほぼ無料でSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)を手に入れるための裏技やポイント!!

とても魅力的なサービスや特典を受けられるようになるSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)ですが、「何十万もお金を出すのはもったいない…」とSFC修行の費用がどうしてもネックとなる方も多いかと思います。

しかし、SFC修行は「完全無料」もしくは「ほぼ無料」で行うことが出来ます。

その裏技やポイントは、ほんの少しの手間で誰でも出来るのです!

自己資金のみでSFC修行を頑張っても良いのですが、少しでも負担を減らしてSFC修行をやってみることをお勧めいたします!

裏技やポイント①:ANA SKY コインを活用する

SFC修行する上での裏技やポイントは「ANA SKY コイン」を活用することです。

ANA SKYコイン

ANA SKY コインとは、ANAの公式サイト内のみで利用することができる電子マネー(電子クーポン)のようなものです。

1ANA SKY コイン=1円相当としてANAの航空券を購入する時に利用することができます

すでにご紹介しましたが、貯めたANAマイルを特典航空券に交換して無料で飛行機に乗ることができますが、この場合はプレミアムポイントを獲得することはできません。これは、ポイントを使った買い物でポイントが貯まらないのと似たようなものです。

しかし、ANAマイルを使ったプレミアムポイントを貯める方法としては、ANAマイルをANA SKY コインに交換し、航空券を購入するとプレミアムポイントを貯めることが出来るのです。

この場合、間接的にANAマイルを使用していることになるので、ANAマイルを元手にプレミアムポイントを貯めているといえるのではないでしょうか。

ポイント

ANAマイルを貯める→ANAマイルを特典航空券に交換する→プレミアムポイントは貰えない
ANAマイルを貯める→ANAマイルをANA SKY コインに交換する→ANA SKY コインで航空券購入する→プレミアムポイントが貰える

ANAマイルからANA SKY コインの交換は簡単に行えますが、ANAカードの種類やカードステータスで交換レートが若干変わってくるのですでにご紹介している表を確認してみてください。

メモ

ブロンズステータス以上:1.7倍
ANAワイドゴールドカード保有者:1.6倍
ANAカード(一般)保有者:1.5倍

また、SFC取得のためにANAマイルでANA SKY コインへ交換しようとした場合、約50万円程度かかるとするとANAカード(一般)保有者では1.5倍レートでANA SKY コインへ交換ができるので約33万3000マイルがあればSFC修行を達成できる計算となります。(単純に計算した場合です)

また、SFC修行をしようとしている方の大半はANAワイドゴールドカードを発行しているので、その場合は1.6倍レートなので31万2500マイルで修行を解脱出来るようになります。

ANAワイドゴールドカードは年会費1万円程度かかりますが、それを考えてもANAワイドゴールカードで交換した方がメリットありと言えます。
※SFCへカードを切替える場合、ワイドカード以上しか切替えることことが出来ません。ワイドカードにはANAワイドカードとANAワイドゴールドカードがあり、ANAワイドゴールドカードの方がマイル交換手数料などの面でお得になるので、多くの方がANAワイドゴールドカードを利用しています。

裏技やポイント②:ポイントサイトを活用する

裏技やポイント①では、溜まっているANAマイルを活用してANA SKY コインへ交換しようとご紹介しましたが、「そもそも、ANAマイルを貯めるためにはお金が必要なのでは?」と思った方も多いハズです。

ANAマイルは、基本的に飛行機に乗ったり、ANAマイルの溜まるクレジットカードで決済したりした場合に貯めることが出来ます。

しかし、飛行機に乗らずしてANAマイルを貯める方法があり、その方法は「ポイントサイトの活用」です。

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、各種サービス(ショッピングや会員登録等)を利用することでポイントサイト内にポイントを貯めることができるサイトです。

このポイントサイトで貯まったポイントは現金化・商品券化することができるので「お小遣いサイト」と呼ばれています。

そして、ポイントサイトでは大量のポイントを無料で獲得することができ、ポイントサイトで貯めたポイントは現金化できるだけではなくANAマイルにも交換することができます。

つまり、ポイントサイトを活用し無料でポイントを貯め、そのポイントを活用し、無料で飛行機に乗ってSFC修行ができると言えるのです。

ポイントサイトを活用し無料でSFCを修行する流れ

ポイントサイトを活用し無料でSFC修行をする主な手順は以下のステップになります。

step
1
ポイントサイトでポイントを貯める


step
2
ポイントをANAマイルに交換する


step
3
ANAマイルをANA SKY コインに交換する


step
4
ANA SKY コインで航空券を購入する


step
5
飛行機に乗ってプレミアムポイントを貯める

ステップが多く、ややこしそうに見えますが、一度やってみると意外と簡単な作業に思えてきます。

もちろん、ポイントサイトでポイントを貯めるためにはクレジットカード申込書類を書くことだったり、外食モニターでレストランに行ったり、ポイントをANAマイルに交換する手続きなどをしたりする労力は必要にはなりますが、本来数十万円かかるSFC修行がほぼ無料でできるので、試してみてください。

まとめ

まとめ

  • ANAスーパーフライヤーズカードを持っているとプレミアムメンバーとしての資格が半永久的に維持することが可能。
  • ANAスーパーフライヤーズカードはプラチナ会員に1度なる必要がある。
  • プラチナ会員の条件としてプレミアムポイント50,000PP貯める必要がある。
  • SFC修行では基本的に費用として約50万円程度のお金が必要。
  • SFC修行の費用は、ポイントサイトを活用しANAマイルを貯めることで実質無料にすることが可能。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を手に入れるためのSFC修行では、ある程度の時間やお金が必要になりますが一度だけ頑張って条件をクリアすればANAの上級会員として半永久的にサービスや特典を受けることが出来ます。

そして、事前に準備をしっかりとしておけば、意外と簡単にSFC修行を解脱できるものです。

私はSFCのおかげで、旅行が一層楽に楽しく充実したものになりましたよ!

この記事がSFC修行についての理解を深めるきっかけになったら幸いです。

ありがとうございました!

-ANAカード, お役立ち情報, クレジットカード, マイル・マイレージ, 旅行

Copyright© Life Is Awesome Journey , 2019 All Rights Reserved.